抗うつ・メンタルケアにゴルフはいかが?

まもなく、ゴールデンウィーク。


前職の時はこの時期は皆さんにこんなお声掛けをしていました。

あ、前職、私は精神科の心理カウンセラーとして

従事していました。



「ゴールデンウイーク後に疲れを残さない程度に楽しんでください。」と。



精神学を学んでいる方はご存知と思いますが、

5月はメンタルの鬼門ともいえる要注意時期の

「五月病」が発生しやすくなります。

(医学的には「抑うつ状態」(気分が落ち込んで気力や行動力が乏しくなった状態))。



毎年、私は新入社員や新入生を中心に起こりやすいとされ、

「抑うつ状態」と診断された学生や社員のケアのために

学校や会社に出向いたこともありました。



けど、五月病になるのは、新入社員や新入生だけではありません。



誰もが起こりうるこんなシチュエーション、

あてはまる方がいらっしゃるのでは?



・お子さんが受験、卒業、入学など

・転勤、転職した方、新たな責任が加わった方

・家族や自分自身の病気やけがなどで、日常生活のリズムが乱れた方

・上司、同僚、部下が異動して職場の雰囲気や人間関係、仕事内容がかなり変わった方

・産休等で仕事復帰した方



一例を挙げましたが共通する点は

「生活変化があった方」です。




では、「抑うつ状態」とはどんな症状でしょうか。



〈抑うつ状態の症状〉

・寝つきが悪い、もしくは眠りの途中で何回も起きる、

 早朝に起きるなどの睡眠不調


・他人に会うのが何となくおっくう


・やる気が出ず、学校や会社に行くのに抵抗を感じる


・頭痛、胃腸の不調、めまい感がある


・イライラしたり怒ったり落ち込んだりと感情が不安定になる



少しでもこれに当てはまるのでしたら、

パターフィッティングをしながら同時にメンタルケアもしませんか?



ゴルフをしたことがない方、

ぜひこの機会にゴルフを始めたらいかがですか?



© 2018 by KIVUNE YOSHIMI KONDO