体の免疫を簡単に上げる方法

今年の梅雨明けは例年より遅く

そのため免疫力の低下から

子供から大人まで手足口病に

かかる方が増えています。



免疫力を低下させないための

簡単な方法をここでお伝えします。



どうしてもこの時期から

冷たいものを飲んだり食べたりすることが

多くなり、胃腸を弱らすことがあります。





それが免疫力を低下させる大きな原因です。




実際、お腹周りを手で当てると冷たいのでは?

暑いから湯船に浸からずシャワーだけの生活も

この時期は多く、胃腸を温めてあげる

チャンスを逃しています。




そんな時は1週間に1度、

疲れた胃腸を温めてください。




休日に1,2時間の昼寝の時に1枚、

服の上にカイロを当ててその上に

バスタオルでかぶせて仮眠してください。



それだけで胃腸が活発に働き免疫力を高めます。



また、食べ物で言うとキャベツ!!

胃粘膜の組織を回復させる働きがあります。




牛乳やチーズに含まれる「ラクトフェリン」

「カゼイン」は抗菌作用で

感染予防や免疫強化に役立ちます。




うま味成分といえば「グルタミン」!

これも胃腸の働きを助けアルコール代謝を促進します。

腸内細菌の増殖を助ける

「パラアミノ安息香酸」は

レバー、卵、牛乳に含まれます。



レバーはあまり好きじゃない、

牛乳は飲みづらい方は

ゆで卵を1日1~2個食べるといいですよ。



口臭や体臭、便臭が気になる方は

「シャンピニオンエキス」が

含まれているマッシュルームを

食べるといいですよ。




腸内環境が悪いと

臭いの原因になるので

マッシュルームが臭いの

原因となる有害物質の生成を抑えてくれますよ。







© 2018 by KIVUNE YOSHIMI KONDO