理想のスイングとはなにか

今日は「理想のスイングとはなにか」について考えてみたいと思います。





今回、試合2日目に急に選手がスイングを変えるといってきました。


その原因は全米トップの選手の動画をみて


「このスイングがやりたい。


背格好も似ているしこれなら明日の試合で使える」と言われました。





確かに身長も体格も似ているし、


さすがプロだけあって、練習中はそれに近い打ち方が瞬時にできる。





それは見事なものだけれど、それを緊張の中、


試合でできるかというと、頭の中では新たなスイングを取り入れたい、


けど身体がさっきの練習の時みたいに動かない!





と脳から身体への伝達が出来ず、


側にいた私は「今、何を(どんなスイング)したいか読み取れない」状況でした。





この選手に限らず、どの選手も理想的なスイングを追い求めています。





けど、いつも選手に


「では理想のスイングとは?」と尋ねると誰も答えれません。






答えれないのも当然です。理想のスイングは1つではないからです。


今、上位にいる目立つ選手=いいスイング、


いいゴルフをしていると勘違いして、


それをマネようとして身体を故障してしまうのです。



続きはコラムで

https://www.kivune2018.com/column

​理想のスイングとは何か?


© 2018 by KIVUNE YOSHIMI KONDO